at OFFICE

HEALTH CARE

健康経営の推進について

株式会社アットオフィスでは、2023年より健康経営に着手いたします。

健康経営宣言

当社は、ミッション・ビジョンの実現と 継続的な成長のため、 24年3月時点で中小企業の健康経営優良法人 上位500社に入ることを目指します。

2023年3月
株式会社アットオフィス 取締役社長CEO
谷 健太郎

健康経営とは

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されています。

なぜ、健康経営を目指すのか?

1番は、ミッション・ビジョンの達成において、必要なピースだと確信したからです。

Mission
「はたらく」をつなげる。
Vision
人と企業に、よりそい続ける。

これが当社のミッション・ビジョンです。

これらの実現を真剣に考えたときに、健康経営が必要だと感じた部分が「顕在的」なワードと「潜在的」なワードで1つずつあります。

まず、顕在的な部分で言うと、「続ける」という部分です。
私は、この会社を私の代で終わらせるつもりは毛頭ありません。
持続性というものを経営のテーマの1つにしています。
弊社のような設立年月の浅いベンチャーにしては珍しいかもしれません。
2代目ならではの感覚だと思います。

そして私は、今在籍している社員には、長い期間働いて欲しいと心から願っています。
しかし、長い期間働くと、就業を続けることが困難になるリスクが確率論的に様々発生します。
例えば、病気・怪我・親族の状況変化など。
出会い頭の交通事故などは防げないかもしれませんが、自身の健康管理で防げるものは避けられる様にサポートしたいと強く思っています。

次に、潜在的な部分で言うと、弊社のミッションである、「はたらく」をつなげる。を実現した後の世界についてです。
このミッションには、関わった人のその先まで「幸せ」が生まれ、我々はその中心でいたい。という想いが込められています。

この想いの解像度をさらに上げて考えると、人間の本質的な部分で、自分に「余裕」が無いと他社に「愛」を持った行動ができない。という壁に当たります。

お客様の課題解決を行い、さらにその先の関係者まで幸せにする。
この様な存在になるならば、おそらく、解決策の提供を無味乾燥した状態で行なっても実現しません。
そこには「真心」とか「愛」という抽象的なものがセットで必要になってくると思います。
そして、それを提供するには、「余裕」が無い状態では実現できないと確信しています。

社員全員が自分に「余裕」を持ち、他社に「愛」をもって接することができる様な世界を健康経営を通して実現していきたいと思います。

〈オフィス移転をお考えなら〉
東京・神奈川・名古屋共通
フリーダイヤル/0120-095-889
(受付/平日 9:00~19:00)
〈その他不動産に関するお客様相談ダイヤル〉
フリーダイヤル/0120-339-904
(受付/平日 9:00~18:00)